やさい広場 ちょっとした工夫とアイデアで楽しむ

やさい広場

菜園まめ知識

防寒のポイント、あれこれ
防寒のポイント

スプラウトを育てよう

1.口の広い容器を用意する。容器の底に、平らにスポンジやキッチンペーパーを敷き、 しっかりと水を含むくらい水を入る。その上に、重ならないように種を入れる。

2.暗い場所に置いて、霧吹きで種に水をやる。発芽するまでは、できるだけ乾かない様にするのがポイント。

3.根が張ってきたら、容器に直接水を注ぐ。水は、注ぎ足しせず、毎日交換する。
(スポンジ等を交換する必要はない。)

4.5cm前後まで芽が伸びてきたら、日光の当たる場所に置く。

5.約7日ぐらいで食べられるようになる。

【育てられる種】
カイワレダイコン、ブロッコリー、ルッコラ、マスタード、トウミョウ、レッドキャベツ
スプラウトを育てよう

【スプラウトって?】
スプラウトとは、貝割れ菜やアルファルファなど、食べられる芽のこと。ブロッコリー、クレソン、そばの芽、赤キャベツなどの種類がある。

【栄養】
もとの種子とほとんど同じだが、消化がよく、ビタミンCが豊富。ブロッコリーはがん予防効果、そばの芽に含まれるルチンには血管を強くする働きがあるといわれている。

【調理法】
サラダやスープ、和え物、煮物などに。
すぐに火が入り、淡泊な味なので、さまざまな料理に使える。

まちなか菜園スタッフ
まちなか菜園スタッフ